新築・リフォームを機に、理想のキッチンを完成させたいと考えている方は多いのではないでしょうか。
キッチンに統一感や使い勝手の良さを求めるなら、ゴミ箱についても考えておく必要があります。
設置場所はどこにするか、サイズはどのくらいがいいのか、分別しやすいのはどんなゴミ箱なのか、こちらで紹介・おすすめする事項を参考にして、自分にとって最適なキッチンづくりを目指してみましょう。

お家のキッチンに適しているのは?ゴミ箱の設置場所例

お家のキッチンに適しているのは?ゴミ箱の設置場所例

設置場所やサイズ、デザイン等は新築やリフォーム時に決めましょう

生活をスタートさせてからベストな場所を探すのもいいのですが、キッチン全体の配置等をつかみやすく、プロのアドバイスを取り入れられる、新築・リフォームの段階に決定することで、デザイン性と利便性に優れた空間をつくり出すことができます。

ゴミ箱の設置場所は、大きく分けると三種類に分類されます。

ゴミ箱の設置場所ケースその1:シンク下

オーダーオリジナルキッチン029家具職人とのコラボレーションキッチン
一つ目はシンク下に設置するケースです。この位置に設置すると、生活感の出やすいゴミ箱も目につきにくく、またデットスペースを活用できるので、キッチンがすっきりとして見えます。
料理をする際にシンク周りで食材を切ったりして、すぐに捨てられるのも大きなメリットでしょう。

デメリットとしては、シンク下は暗く位置も低いため、ゴミ箱周りに散らばってしまったゴミに気づきにくいという点が挙げられます。
シンク下にゴミ箱を設置する場合は、こまめにゴミが散らばっていないか確認することで、キッチンを清潔な状態に保てるでしょう。

ゴミ箱の設置場所ケースその2:カップボードや棚に、ダストボックスとして組み込む

オーダーオリジナルキッチン034カフェのようにくつろげる空間…
二つ目は、キッチン収納のカップボードや棚に、ダストボックスとして組み込む方法です。
周囲の食器棚等と統一感が出て、一見してゴミ箱には見えないため、ハイセンスでデザインに優れたキッチンを演出できるでしょう。
またしっかりと蓋がされるため、ゴミのにおい等が漂うことが少ないといわれています。

デメリットは、汚れてしまった場合に簡単に交換ができず、一種のリフォームのような対応が必要となってしまう点です。
また掃除をしっかりして、ボックス内の汚れをこまめに取り除くことも必要でしょう。

ゴミ箱の設置場所ケースその3:独立して置く・分別型ダストステーションを設置する


三つ目は、ゴミ箱を独立して置いたり、分別型ダストステーションを設置する方法です。
万が一生活をスタートさせてから設置位置を変えたいときに、より使いやすい場所へ移動することができるので便利です。
またキャスター付きのゴミ箱等を選べば、掃除もしやすく清潔な状態を保つことができます。ゴミが多く出る世帯でも大容量サイズのものを設置できるので、使い勝手がよいでしょう。

デメリットとしては、やはり独立型なので生活感が出てしまったり、キッチンの統一感を出しにくい傾向にある点が挙げられます。

清潔感が保てるゴミ箱のデザインとは?

清潔感が保てるゴミ箱のデザインとは?
キッチン用ゴミ箱は設置場所も重要ですが、デザインも非常に重要です。こちらでは、清潔感が保てるかという面にクローズアップして、おすすめのゴミ箱をご紹介します。

ゴミ箱のにおいが気になるという方には、蓋付きのデザインのものが適しているでしょう。
ゴミを捨てる時以外は常に蓋が閉まっているため、におい漏れもしにくくなっています。蓋付きのゴミ箱の中でも、特に蓋にパッキンがついているものは密閉性が高く、におい漏れの心配もさらに少なくなるでしょう。
また蓋がついていることで、コバエ等の虫が発生しにくい点も大きなメリットの一つです。
料理中にゴミを捨てるためにゴミ箱の蓋を触りたくないという方には、足ふみペダルでの開閉、タッチレス開閉可能なタイプがおすすめです。

ゴミ箱の中には抗菌・防臭素材でできているものもあり、清潔感をたもつためにはこちらも有効です。特にステンレス等の金属でできているゴミ箱はにおい移りがしにくいといわれています。プラスチック製のゴミ箱でも抗菌加工がされているものがあり、防臭や防カビ効果を期待できます。

ゴミ箱のデザイン上、水洗いがしやすい形状のものもおすすめです。蓋がついていたり、抗菌加工がされていたとしても、まったく洗わずに放置していれば、においや汚れの問題は出てきてしまいます。ゴミと触れる部分が洗いやすいよう取り外せるゴミ箱や、シンプルな形状で洗いやすいゴミ箱等を選んで、定期的に洗浄して清潔な状態を保つようにしましょう。

ゴミ箱周辺のにおいや箱内の汚れはもちろん、ゴミ箱下や設置場所周辺のゴミやほこり等を取り除きたいなら、キャスター付きのゴミ箱が適しています。ゴミ箱にゴミが入っていても、キャスター付きならば少ない力で移動させることができ、掃除も非常にしやすいです。また掃除以外の時には、動かないようストッパーで固定しておけば、ゴミも捨てやすいでしょう。

プランを練って理想のキッチンを作りましょう

新しいキッチンのゴミ箱の設置場所やデザインについて、イメージは膨らんだでしょうか?
新築やリフォームで新しくするなら、使いやすさとインテリアの両方をこだわった理想のキッチンを完成させたいですよね。

わからないことはキッチンアカデミーのマイスターたちがアドバイスをさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。
満足のできるキッチンを設計し、新しい理想のキッチンで充実した毎日を過ごしましょう。

キッチンのことならキッチンアカデミーへ!

オーダーキッチンなら、どんな形・どんな色でも思うがままに作ることが出来ます。もちろん、ゴミ箱だって自由です。
自分だけの特別な使いやすいキッチンがほしい!そう思ったら、キッチンアカデミーへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
キッチンアカデミー事務局STAFF
あらゆる人の「キッチン力」をアップするために『キッチンのことをきちんと考える』ということに特化した活動をしています。