キッチンによくある吊り戸棚ですが、女性にとっては高い位置にあるので届かなくて不便という方が多いです。料理や片付けをしながらすぐに手の届く昇降式吊戸棚を使えば、使い勝手がよくなり日常的に利用できる収納場所になります。
昇降式吊戸棚を導入すると収納以外にも作業効率化などさまざまなメリットがあるのです。

ここでは、昇降式吊戸棚でより良いキッチンの作り方を紹介します。

昇降式吊戸棚とは

吊り戸棚収納

吊り戸棚は、普段使わないお皿やお鍋、保存ができる食品などを入れているという方も多いのではないでしょうか。手が届きにくい不便な場所なので、毎日使うようなものを入れておくと料理の効率も落ちてしまいます。吊り戸棚はシンクやコンロの上部分にあり、本当は使い勝手が良い場所なのでうまく活用することが必要です。

昇降式吊戸棚は、手の届かない収納をなんとかしたいという悩みを解決してくれます。
昇降式吊戸棚には手動式と電動式があり、用途によって電源が必要になります。食品や調味料などを収納する一般的な昇降式吊戸棚は、軽い力でレバーを引くだけで手の届く範囲に下ろすことが可能です。食器の水切りや乾燥に使えるコンテナタイプは電源が必要ですが、重いものを入れても安全に使用することができます。

新築の時に導入することはもちろん、キッチンのリフォームで通常の吊戸棚から昇降式に変えることが可能です。固定のネジを取り付けることができれば、大幅な工事もいりません。取り付けたその日から使用することができます。
現在使っている戸棚の幅に合わせたダウンキャビネットが多数ありますので比較検討してみてください。手軽にキッチンのリフォームをして、より使い勝手がよい場所に変えることができます。

昇降式吊戸棚のメリット

昇降式吊戸棚の最大のメリットは、踏み台を使うことなく、目の高さまで戸棚の中身が見渡せ、手も届くということです。手前部分にはものが落ちないようにストッパーがついているので、取っ手付きのカゴや分別用のカゴは必要ありません。目に見えてすぐ取り出せるので、日常的に使うことが可能です。
戸棚は2メートル近くの高さにあっても、昇降式吊戸棚にすれば50センチほど下降します。150センチ前後の女性でも台を使うことなく取り出せる高さまで下りてくる設計です。
収納できる量は変わりませんので、かさばるものから重いものまで幅広い収納ができます。
また、収納量だけでなく、10キロから15キロほどの重さにも耐えることができ、重さがある瓶や缶製品なども保管しておくことも可能です。

昇降式吊戸棚を使うことで、整理整頓が簡単にできるのもメリットです。
カゴを利用して収納をしている方もいらっしゃいますが、カゴに何が入っているのかわからなくなることがあります。奥に何が入っているのかを知るためには、一度全部取り出してみないとわかりません。
昇降式吊戸棚は、収納したいものをそのまま置き、収納することができます。ラベリングをしなくても、置いてあるものは一目瞭然です。収納が得意でないという方でも、細かい分別は必要ありません。

昇降式吊戸棚常があれば、常にすっきりとした戸棚をキープすることができます。

昇降式吊戸棚の選び方と活用方法

台を使わずに目の前に下ろすことができる昇降式吊戸棚ですが、何を入れて使うのかなど用途を決めて選ぶことが重要です。調味料や乾物など、日常的に使うものであれば頻繁な利用が予測されます。手動や電動でも、ボタンの押しやすさやレバーの軽さなど使い勝手を考えて選びましょう。
料理をしながら戸棚から出したいというシーンも多くあるので、片手で操作できると便利です。
ボタンタイプの場合、ワンタッチで降りてくるものとボタンを降りてくるまで押していなければならないものがあります。戸棚の昇降は比較的ゆっくりと動作しますので、使いやすさを考えて選ぶことが重要です。

昇降式吊戸棚におすすめの収納品

昇降式吊戸棚におすすめの収納品は、乾物や缶、調味料などです。あまり軽いものを入れておくと、仕様によっては上にあがってしまうことがあります。買いだめしておいたものは、見えない場所においておくと賞味期限切れにつながるのです。
しっかりと管理できる昇降式吊戸棚においておけば、食べ忘れることもありません。あまりに重たいものを入れると、昇降がスムーズにいかないことがあります。重量の制限を守って使用してください。
ストッパーもあるので安全に使えますが、安定感のないものや刃物などの保管は避けた方が良いでしょう。

調理している時に目に入りやすく、ものを探しやすい場所は、胸下から頭部までにある範囲です。その場所にものがあると、作業がしやすくなり、ものも見つけやすくなります。調味料や乾物を使った時にすぐ取り出せ、元の場所に戻すのもスムーズなのでキッチンの作業場がいっぱいになりません。戸棚を開けたまま作業をすれば、ものの出し入れの為に別の場所に移動することもなくなります。キッチンの中で動線確保は重要なポイントです。普段よく使うものを後ろにおいておくと、動線も複雑になってしまいます。昇降式吊戸棚があれば、ほとんど動かなくても作業ができるので、歩き回る必要もないのです。

今まで別の収納に頼っていたという方は、ぜひ昇降式吊戸棚を活用して新たな収納場所を確保しましょう!

キッチンのことならキッチンアカデミーへ!

オーダーキッチンなら、どんな形・どんな色でも思うがままに作ることが出来ます。
自分だけの特別な使いやすいキッチンがほしい!そう思ったら、キッチンアカデミーへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
キッチンアカデミー事務局STAFF
あらゆる人の「キッチン力」をアップするために『キッチンのことをきちんと考える』ということに特化した活動をしています。