ステンレス、人工大理石、ホーロー…どれがオススメ?

オーダーキッチン013「ただいま!」を受けとめる□オーダーキッチン施工例-「ただいま!」を受けとめる

新築を建てたりリフォームをするにあたってキッチンのデザインや性能にはこだわりたいと考えている方は多いでしょう。

でもシンクの素材については深く考えていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
毎日の料理を楽しみたいなら自分に合ったシンクを選ぶことが重要です。
シンクの素材としてはステンレス、人工大理石、ホーローなどがあります。

今回は、それぞれの素材のメリットとデメリットについて解説します。

 

ステンレス製のシンクは使いやすさと価格の安さが魅力!

ステンレスは、キッチンシンクの素材としては最も定番と呼べる存在と言えます。
耐久性や耐熱性、傷への強さなどシンクに求められる要素をバランスよく持っている素材です。昔からキッチンシンクの素材として使われています。

ステンレス製のシンクはただ強いだけでなく柔らかさがあるのも大きな魅力の一つです。

料理中やお皿洗いをしている際にうっかりお皿を落としてしまっても落としたお皿が割れにくいのです。

しかし、表面にセラミックコーティングがされているカラーステンレスを選んだ場合は柔らかさが失われるのでお皿も割れやすくなります。
デザインよりもキッチンとしての使いやすさにこだわるのであればセラミックコーティングがされていないものを選ぶのがよいでしょう。

ステンレスは錆にも強い素材です。
短期間で何度も錆を落とすための作業をしなくていいのでお手入れが簡単です。汚れがつきにくいのでキッチンの衛生環境を良い状態で保つことができるのも長年使われ続けている理由の一つと言えるでしょう。

デメリットとしては、使い続けるうちにステンレスの光沢がなくなってしまうことがあげられます。
使い続けていくうちに段々と見栄えが悪くなってしまいます。

ただ、多少の汚れであれば市販のクリームクレンザーを使って掃除をすることで自分で落とすことは可能です。
またデザイン面では、ステンレスそのものの雰囲気を大きく変えることは難しいので、他にはないようなデザインのキッチンに仕上げることは難しいと言えるでしょう。

 

人工大理石はキッチンの色やデザインにこだわりたい人におすすめ!

人工大理石は、ポリエステル樹脂やアクリル樹脂が主成分の素材です。
天然の大理石などの自然の石を粉砕して樹脂やセメントなどで固めた素材もありますがこれは人造大理石と呼ばれます。

一般的に人工大理石については全て人工の素材で作られているので同じものではないということをまずはしっかりと認識しておきましょう。

人工大理石の魅力は色や柄が豊富にあるので様々なデザインが可能になるという点にあります。
人工大理石は加工がしやすい素材です。
大理石風の柄のものだけでなく、ドット柄を入れることも可能です。デザイン重視の選び方をしたいという人には人工大理石はおすすめできる素材です。どのようなキッチンにするかを考える楽しみは他の素材に比べると大きいと言えるでしょう。
天然の大理石や人造大理石に比べると安く済ませることができるのでコストパフォーマンスも悪くありません。人工大理石は天然の大理石よりも耐久性に優れています。一般的にはアクリル製の方がポリエステル製に比べ耐久性や掃除のしやすさなどで優れているのでやや高価になることが多いです。

人工大理石は樹脂を型に入れて成型するので天板とシンクを一体にすることが可能です。
そうすることで汚れが溜まりやすい継ぎ目がなくなるので掃除が簡単になります。取れない汚れが生まれないのでとても衛生的です。

ステンレスに比べるとやや傷に弱いのがデメリットですが、多少の傷ならメラミンスポンジで落とすことができるので比較的お手入れはしやすい素材と言えるでしょう。

 

ホーローは耐熱性が高く掃除が簡単!

ホーロー製とは、鉄やアルミといった金属を下地に、上からシリカが主成分のガラス質のうわ薬を焼き付けた素材のことです。
ホーローは、鉄の強さがあるうえにガラスの光沢という美しさを兼ね備えていると言えます。ガラスは汚れや湿気に対して強さを発揮します。そのため水回りの製品に多く使用されます。値段も比較的安価な素材です。更にニオイがつきにくく長い期間使うことができるので、ホーローはコストパフォーマンスに優れた素材であると言えるでしょう。

耐衝撃性という面ではステンレス製や人工大理石に比べるとやや劣るのがホーロー製のデメリットです。
傷がついてしまうと下地が金属なのでそこから錆びが広がってしまう恐れがあります。硬い素材なので食器を落とすと割れてしまう可能性も高いです。
シンクをホーロー製にするのであれば食器洗いには慎重さが求められます。

ただ、耐熱性には優れています。多少の焦げ跡であれば水拭きで落とすことができるのでお手入れは難しくありません。

ホーローは安心して使える素材であるという魅力もあります。
シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質を出さない素材なのです。小さな子どもがいる家庭で安全性を重視した素材の選び方をしたいと考えているならばホーローはおすすめです。

ホーローはデザイン性の高い素材でもあります。そのままでも透明感がありナチュラルな雰囲気を演出することができますが、インクジェット印刷技術の向上により木目柄や大理石柄など多彩な表現が可能になりました。

メリット・デメリットを知って素敵なキッチンづくりをしましょう!

オーダーオリジナルキッチン041薪ストーブのあるナチュラルな空間とこだわりのオーダーキッチン□オーダーキッチン施工例-薪ストーブのあるナチュラルな空間とこだわりのオーダーキッチン

今回は代表的なシンクの素材3つをご紹介させていただきました。もちろん、使える素材はこれだけではないのでご希望の素材があればぜひご相談ください。

オーダーキッチンなら、どんな形・どんな色でも思うがままに作ることが出来ます。自分だけの特別な使いやすいキッチンがほしい!そう思ったら、キッチンアカデミーへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
キッチンアカデミー事務局STAFF
あらゆる人の「キッチン力」をアップするために『キッチンのことをきちんと考える』ということに特化した活動をしています。