人工大理石はキッチンがおしゃれに仕上がるとして人気の素材です。天板はもちろんシンクにまで人工大理石を使用したものも多く、カラーバリエーションも豊富です。ただ傷つきやすいのではないか、黄ばみなどの汚れが落ちにくいのではないかといった心配もあります。そこで人工大理石を使ったキッチンのお手入れ方法と、注意点をご紹介します。

人工大理石は「石」ではない?その素材と特徴とは

オーダーキッチン011コンテンポラリーデザイン

人工大理石は樹脂でできた人工素材です。「大理石」と名前にはついていますが、石は入っていません。大きく分けるとアクリル樹脂とポリエステル樹脂の2種類があり、どちらかというとアクリル樹脂の方が耐久性が高く、汚れも落としやすいのが特徴です。
自由に色づけができ加工もしやすいことから量産に向いている素材で、比較的安価に高級感のあるものが作れるとして、キッチンや洗面所などの水回りによく使われています。近年では新築の戸建てやマンションのキッチンに採用されていることが多く、リフォームでも人気です。

見た目に高級感があり、キッチンをおしゃれにしてくれる人工大理石ですが、取り扱いには少々注意が必要です。
まず、熱に弱いので熱くなった鍋などを直に置くことはNGです。天然の大理石に比べて強度が弱く、傷がつきやすいのでお手入れの際には注意しましょう。
また、人工大理石には一層構造と二層構造のものがありますが、強度や耐熱性の点では一層構造の方が優れています。二層構造は古くなってくるとヒビや剥がれが生じることもあるので、あらかじめどちらのタイプか確認しておくと良いでしょう。

大切なキッチンを傷つけずに上手にお手入れする方法

ステンレスのキッチンはたわしでゴシゴシ擦っていたけれど、デリケートな人工大理石はどうやって掃除したらいいのだろう、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
人工大理石は、通常の表面的な汚れなら拭き掃除できれいに取り除くことができます。日常のお手入れはこまめな拭き掃除でOKです。ただ蓄積した汚れはステンレスのように力技で取る、ということができないので、そういった意味でも使ったらこまめに拭いて汚れを溜めない、ということが重要になります。

もちろん定期的なお手入れも欠かせません。掃除する際には濡らしたスポンジに食器用の中性洗剤をつけ、軽くなでるように洗います。シンクも天板もすべて人造大理石でできている場合は、まとめてお掃除が可能です。その際、下に水が垂れないよう注意しましょう。
水垢や着色が目立つ箇所にはメラミンスポンジがおすすめです。洗剤不要で水で湿らせて汚れをこするだけで落とせるスグレモノで、力もあまり要りません。くるくると円を描くようにして汚れをこすり落としましょう。

メラミンスポンジでも落ちない汚れは、クリームクレンザーで落とします。普通のスポンジや布などにクリームクレンザーを少量つけ、くるくると軽くこすれば大抵の汚れはきれいに落ちます。人工大理石は傷つきやすいので、あくまで力を入れず軽いタッチで行うことが大切です。
黄ばみや着色汚れは時間を置くと取れにくくなってしまいます。カレーなど色の濃い料理を作ったときは、特に注意が必要です。黄ばみを見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。

また、エコなお掃除方法として重曹を使うのが人気ですが、人工大理石の場合コーティング方法によっては剥がれてしまうこともあるので事前に確認が必要です。使用しても大丈夫な場合は、汚れの上に重曹を少し振り、やわらかいスポンジでくるくる優しく擦るとよく落ちます。これは茶渋などの汚れに有効な方法です。

いずれの方法も、水で流したら最後はきれいに乾拭きします。使用するのは古くなったタオルなどで十分です。
また、あらかじめキッチンをコーティングしておくことで汚れを防ぐことができます。スプレータイプのコーティング剤がホームセンターなどで簡単に手に入るので、試してみても良いでしょう。

せっかくのお手入れが逆効果に?やってはいけないNG事項

せっかくのお手入れが逆効果に?やってはいけないNG事項

デリケートな人工大理石には、お手入れの上でやってはいけないこともいくつかあります。傷つけたり傷めてしまったりして取り返しのつかないことになる前に、しっかり覚えておきましょう。

ステンレスシンクのお手入れでは、水垢を取るのにクエン酸が有効です。水で薄めたクエン酸を汚れに吹きかけて擦るだけと簡単なのに加え、水垢をつきにくくする効果もあります。
しかし人工大理石ではクエン酸はNGです。表面が酸によって溶かされてしまい、つやがなくなってしまうのです。人工大理石のキッチンで水垢を防ぐには、お掃除の仕上げに乾拭きをしっかりするのが有効です。

人工大理石のキッチンでは、黄ばみや茶渋がつくととても目立ちます。ですがゴシゴシ擦るわけにはいきません。となると漂白剤を使いたくなるところですが、これは危険です。人工大理石は漂白剤に含まれている酸やアルカリに弱く、長時間漬けて置くと変色してしまうことがあるのです。一度薬品によって変色してしまうと、もうメラミンスポンジやクレンザーでお手入れしても元に戻すことはできません。
人工大理石のお手入れは必ず中性の洗剤やクレンザーを使うことを心得ておきましょう。

キッチンのことならキッチンアカデミーへ!

オーダーキッチンなら、どんな形・どんな色でも思うがままに作ることが出来ます。
自分だけの特別な使いやすいキッチンがほしい!そう思ったら、キッチンアカデミーへお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
キッチンアカデミー事務局STAFF
あらゆる人の「キッチン力」をアップするために『キッチンのことをきちんと考える』ということに特化した活動をしています。