キッチンアカデミー®って?

キッチンアカデミーってなに?

キッチンのことをキチンと考える

kitchen_001_5
いつの時代でも、キッチンへの興味や関心は常に高く、特に最近では家を考える時に、真っ先に考えることのひとつになっています。
その証拠に住宅雑誌でのプランを見てみると、以前は独立もしくは半独立した空間だったキッチンが、今やほとんどオープンキッチンとしてリビングやダイニングに開かれた場所になっているのがわかるでしょう。
それほど家の中で重要視されている場所なのです。

一方で、昔より減ってはいるようですが、「キッチンが苦手」「キッチンはキッチンメーカーにおまかせ」という設計者も少なくありません。
また、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリスト有資格者の方々でも、メーカーキッチンばかりでオーダーキッチンに対して、あまり理解されていない方もいらっしゃいます。

もちろん、それはキッチンを使う側にも言えることです。
使用する専門でありながら、製作する(計画する)専門家ではないために、設計者と対等に話ができない状態にあります。

キッチンを使う側もレベルアップする(同じ土俵で設計者と話ができる)ことで、もっと満足できるキッチンができあがると思いませんか。

キッチンアカデミーのこと

kitchen_004_5
そこで、家を作る側、使う側双方のキッチンへの理解を高めることを目的として「キッチンアカデミー」を考えました。
「アカデミー」とうたってはいますが学校ではありません。どちらかというと「勉強会」に近い存在とお考えください。

設計者向けだけでなく、施主向けにもさまざまなコンテンツ(セミナーや勉強会、体験会、見学会など)を考えています。
講師はそれぞれのテーマに沿って、プロフェッショナルな人にお願いする予定です。


キッチンに対するリクエストを設計者に話す時に、言葉がわからなかったりして中途半端な伝え方になっていませんか?
システムキッチンとオーダーキッチンの違い、システムキッチンの限界と可能性、オーダーキッチンってどこまでできるかなどを知っておくことで、コストパフォーマンスの高いキッチンをつくることができます。
キッチンをめんどくさいと言って、丸投げしていませんか?
建て主が家のことを話してくれるのはキッチンのことであることが多いですよね。
建て主とたくさん話すと家全体の設計が濃密になり、より満足度の高い設計が出来ますよ。
メーカーのマニュアル通りのプランに終始していませんか?
システムキッチンのポテンシャルをちゃんと引き出してますか?多くのキッチンが無個性なのは私たちキッチンプランナーが原因だと理解しましょう。
オリジナルキッチンを提案することによって他社との差別化が図れます。また、キッチンの打合せをすることで緻密なコンサルティングなど様々なメリットが生まれます。
是非オリジナルキッチンを武器にしてみませんか?オリジナルキッチンコンサルティングの為のノウハウをレクチャーします。
「キッチンスペシャリスト」という資格があります。まずはその資格を目指しましょう。目標は大事です。

お気軽にお問い合わせください

キッチンマイスターに質問・相談する
scroll-to-top